投資と聞くと、世界情勢や経済状況をはじめたくさんの知識が必要だと考えていませんか?確かにまったく知識なしの状態では出来ませんが抑えるべきところを抑えれば誰でも出来るのが投資というものなんですよ!

初めて投資を行うならやはり国内株に投資すべきか

始めての投資なら、やはり国内株がよいでしょう。その理由は、何といっても情報が多いことです。国内企業は当然ながらニュースにも良く出てきますし、こちらから調べようと思っても調べやすいです。これが海外株の場合はなかなかそうはいきません。全体的な値動き程度であればニュースにも出てくるかもしれませんが、個々の企業の動きとなるとまずニュースや新聞にも載りません。それこそ世界的なニュースでもない限り情報は入ってきません。こちらから調べる場合は、最近ではインターネットの発達もありますのでかつてほどの不自由は感じなくなったかもしれませんが、それでも情報量の差はあるでしょう。語学に不安を抱える人であればなおいのことです。
投資とは将来の予測であり、将来を少しでも正確に予測するには情報が重要であることは言うまでもありませんから、まずは国内株に投資することをおすすめするわけです。
入ってくる情報以外にも、その株式市場について既に知っていることに差があることにも留意するべきかもしれません。国内株であれば既に知っていることも多いでしょう。どの企業が業界ナンバーワンなのか、どの企業が中堅なのか、どこが成長しそうなのか、誰でもそれなりには把握しているでしょう。海外であればなかなかそうはいきません。さらには、興味関心の持ちやすさということもあります。
ただし、初めてだからといって海外株に投資してはいけないとは言いません。国内よりは海外に目を向けたい、基本的に国内よりは海外に成長の源泉があると考えているというようなことであれば、初めから海外に投資するのは決して悪いことではありません。ただし、為替の動向にも注意する必要は生じてきます。

ページトップへ